ニキビの体験談2

■20代女性
お菓子(特にチョコレート)を食べすぎないこと、夜更かしを控えることといった内面的なケアと、ニキビに触らないこと、家にいるときは前髪を上げて、髪の毛が肌に触れないようにすること、ビフナイトのようなものを塗ることなど、外からのケアで対策をしていました。外からのケアも効果がなかったわけではないですが、生活習慣や食習慣が乱れているときは、外面的ケアをしていてもニキビができてしまいました。一方で、食事や睡眠時間に気を付けているときは、ニキビができにくかったので、内側からのケアの方が効果的だったと感じています。

■20代女性
病院で「ベピオゲル」という塗り薬を処方してもらいました。夜寝る前洗顔してからいつものお手入れをし、薬を顔全体に塗るだけです。塗り始めて最初の1週間程度は顔の乾燥やピリピリ感、赤みがでますが徐々に引いてきます。10日もすると新たにできるニキビが減り1か月くらいで私は完治しました。肌の保湿力もアップしふっくらするようになりました。ベピオが日本で認可される前にはディフェリンゲルという薬を使っていましたが、顔のヒリヒリ感がいつまでたっても引かず、ニキビも治らなかったのでこちらのベピオが私には合っていたようです。あと、病院で紹介してもらった日焼け止めも購入しました。アクセーヌというブランドです。オイルフリー処方で肌に優しいのでこちらもニキビ対策に良かったと思います。

■20代女性
私がにきびがひどくなった時期というのが妊娠中でした。ホルモンバランスの崩れもあったと思いますが色んな対処したことでマシになったので書きたいと思います。まずは洗顔です。洗顔はダヴのモイスチャーを泡立てネットで使ってました。今まで洗顔でにきびがでるなんて事なかったので、良さそうなのを適当に買ってましたがそうも言ってられなくなったので薬用のスキンライフというものに変えたらまず脂が少なくなり肌の質が良くなりました。この時点ではにきびはよくなっていません。時期的に夏だったので毛穴が開きっぱなしになってしまってるんだと思い洗顔後に冷水に顔を10秒付けるようにしました。これは閉じることを忘れてしまった毛穴に冷水をあてることで毛穴を閉じることを思い出させるのに有効だと思ったからです。それをやっていたらだんだんとニキビの炎症は治まってきました。ですが、この時点でもニキビは新しく出てくるばかりで減りません。その次に朝の洗顔を辞めました。そして自分は脂っぽい肌質なのかと思ってましたが乾燥肌で油が足りないためにニキビができてると知り化粧水(ドットフリーホワイトオールインワン ビタミン誘導体がはいっていてニキビに良い)、クリーム(セタフィル)をしっかりつけてみました。そうしたら肌がなめらかになりました。そして食生活も温かい物をなるべく食べる、飲む。油っぽい物は週何回と決める。をしていたら1番ひどい時から9ヶ月でまったく無くなりました!ストレスもかなりあったと思うので自分なりのストレス発散もすると尚更よかったです。そしてあんまり鏡を見ない。気にし過ぎない。触らないが1番だと思います。といっても、ひどいニキビだと気にするなっていうほうが無理でしたが…いつかは治る!と思って生活してるのがいいかなと思います!